校長あいさつ

桃花台ホームページへようこそ

 

 本校は、平成27年4月に高等部単独校として開校し、今年度で6年目を迎えました。
 「挑戦、克己、自立、一日一日を大切に」の校訓のもと、職業教育の充実を図り、社会的自立を目指した教育活動に取り組んでいます。具体的には、専門学科として 「産業技術科」が設置され、「農業生産コース」「食品加工コース」「環境メンテナンスコース」の3つのコースを設け、一般就労を目指した専門的な教育を行っています。
 今年度の学校目標、学校経営方針は以下の通りです。

 

学校教育目標

生徒に誇りと自信を持たせ、他者への思いやりや協調性を培うとともに、職業教育を通じて、意欲的に社会参加する力を養成する。

 

学校経営方針

1 生徒一人一人の人格を尊重し、教育活動を展開する。
2 「桃花台スタイル」(生徒が自身と向き合い、主体的に行動できる力を身につけるための桃花台学園の学びのスタイル)を創り上げる。
3 生徒の実態を教員間で共通理解し、適切な指導を図る。そのための教師の専門性、指導力を高める。
4 教育内容の充実を図り、一般就労を目指した教育課程の編成および実施を行う。
5 地域とのふれあい・交流活動を通して、地域に開かれ社会とつながる(高等支援学校の認知につながる)学校づくりを目指す。

 

 生徒達全員に誇りと自信を持たせ、日々の学習に取り組みながら自己の目標達成を目指します。そのために教職員は、研修や教材研究に励み、質の高い授業実践を進めます。
 生徒にとって、「自分が大切にされている、大切にされてきた」という想いが残る学校作りを進めていきたいと思います。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

山梨県立高等支援学校桃花台学園

校長 若林 正人