校名・校訓・校章・校歌

校名
 桃は山梨県を代表する果樹であり、地元笛吹市の市の木でもある。本校では、職業生産コースで桃を栽培し、食品加工コースで加工・販売用として活用する予定であり、校名の持つイメージと教育内容が結びつくものである。
 「桃花」は、扇状地一帯に広がる桃の花の明るく優しい雰囲気がイメージされるとともに、地域産業のシンボルであることから、多くの県民に親しまれると考える。
 また、「台」には、堅く築いた決して揺るがぬものの意味があり、自立を目指す職業教育の基盤が形成されるようにとの願いが込められている。
 この「桃花」と「台」の併せ持つ意味や由来、またその響きからも、地域にも親しまれ、本校の生徒が愛着と誇りを持てる校名としたものである。
 
校訓

 

挑戦 克己 自立


~ 一日一日を大切に ~

(2015年7月24日制定)
「挑戦」
 本校へ入学することはある意味、挑戦である。そして、入学後さらに新たな挑戦が始まる。一歩前に踏み出すことは、勇気がいる。だが、そこで立ち止まらず、しっかりとした目標のもと、恐れずに何事も挑戦してほしいという思いを表している。
「克己」
 挑戦し、進歩するためには、人に流されず自己の弱い心に打ち克つことが大事である。また、心身ともに鍛え、客観的に自己を見据えながら知性を身につけていくことが大事である。その思いを込めた言葉が「克己」である。
「自立」
 「自立」とはつまり、ひとり立ちである。ひとり立ちするためには社会の一員として働くことが必要となる。本校では、生徒一人一人の職業的・社会的自立を目指し、職業教育を中心とした教育活動を行っている。「挑戦」「克己」に続く、この「自立」には、本校の生徒に最終的に目指してほしい姿が込められている。
~一日一日を大切に~
 毎日の積み重ねを大切にしながら頑張って欲しいという願いと、一つ一つ集中してやり遂げ、次のステップにつなげて欲しいという願いを併せ持つ。また、今ある時間を大切に過ごすことには、自分の人生を豊かにするのだというメッセージも込められている。
 この校訓は、上段が3つの言葉、下段が一つの文として、相互に関連性を持ち、構成されています。本校で学ぶ生徒に「こうあって欲しい」という思いを校訓に込めています。

 

校章

 「高等支援学校桃花台学園」が所在する笛吹市の市の木である桃の「花」と「葉」を基に構成した。桃花台の校名の由来である「明るくやさしい」雰囲気を持つ桃の花を全体のシルエットとし、3つの学年を表す桃の葉を放射状に構成することで、人々に愛され、伸び行く学校を表している。
 また、学び舎に集う若人をイメージした桃の花びらと、花の中心に配置された「高」のまわりの円を、人々を結びつける絆の象徴であるリボンにより表現している。桃花台学園で出会う人々が、互いを大切にし、力を合わせて、未来に向かって進んでほしいという願いを込めている。

 

校歌

 

 

 

スクールカラー

東雲色(しののめいろ)

 夜が明けはじめるころ太陽で白み始める東の空の色(やや黄色味がかったピンク色)のことで、これから新たに動き出す本校の姿に重なる。
 本校校舎の改修工事の際に玄関等に使用された色でもある。