受検に関するQ&A

桃花台学園について

Q:桃花台学園の対象となるのは、どのような生徒ですか?

A:軽度知的障害の生徒(注1)です。知的障害を伴わない高機能自閉症、LD、ADHDなどの発達障害のみの生徒は対象になりません。なお、受検に際しては、知的障害であるという証明のために療育手帳の写しか、山梨県総合教育センターの相談支援部が発行する、知的障害者であることを証明する所見が必要です。所見を発行してもらうためには検査を受けますので、中学3年生になったら、なるべく早めに山梨県総合教育センターに連絡してください。

注1:ここで言う「軽度の知的障害生徒」とは、原則として療育手帳B-2の対象となる程度の生徒、学校教育法施行令第22条の3に規定する知的障害以外の障害を併せ有していない生徒のことを指す。

 

Q:桃花台学園では、どのような教育がなされていますか?

A:専門教科「産業技術科」を設置し、卒業後の就労を目指した職業教育に重点を置いています。専門コースとして、食品加工、農業生産、環境メンテナンスの3コースを設けています。

 

Q:桃花台学園卒業後の進路について教えてください。

A:県内各地、または県外の企業に就職します。企業就労においては、各企業の障害者雇用枠による就労となります。その際は、療育手帳が必要になりますので、入学時点で療育手帳を未取得の場合は、在学中に取得してください。また、生徒の実態に応じて福祉就労になるケースもあります。

 

Q:桃花台学園への通学方法を教えてください。

A:徒歩・自転車・路線バス・鉄道を使って県内全域から自主通学しています。JR石和温泉駅~本校間は、スクールバスを運行しています。なお、居住地が遠方で毎日通学することが困難な生徒のために寄宿舎を設置しています。定員は男子12人、女子6人の18人です。

 

Q:桃花台学園への入学時、また、入学後にかかる経費を教えてください。

A:まず入学時には、指定の制服、体育着、作業着等を揃えていただくので17万円程度かかります。入学後は、1年生を参考にすると、PTA会費、給食費、専門教科実習費、修学旅行積立費等で年間16万円程度かかります。また、クラブ活動等においても、負担していただく経費があります。いずれにしても、地域の特別支援学校と比較すると、経費の額は高くなっています。なお、これらの経費につきましては、就学奨励費(特別支援学校に就学する際の経費の一部を助成する制度)の対象となりますので、世帯所得に応じて支援が受けられます。

 

Q:寄宿舎での生活について教えてください。

A:各自の居室があり、掃除、洗濯など身の回りのことは自分で行う「自立した生活」を目指しています。食事は外部委託業者による給食形式です。また、生徒自治会でイベント等も計画し、入舎生徒間の交流も深めています。なお、土日は閉舎になりますので、各自帰省します。入舎に伴いましては、宿泊費はありませんが、朝夕の食費など月に1万円程度の経費がかかります。この経費につきましても、就学奨励費の対象となります。

 

受検生の進路選択・進路決定のために、本校では【オープンスクール】【授業体験会】【教育相談】を設けています。本校への出願を検討している生徒や保護者のみなさんは、これらを利用して本校を知り、進路を考える一助としてください。

 

オープンスクールについて

Q:オープンスクールとは何ですか?

A:本校を知っていただくために、学校概要説明を行い、授業の様子を公開します。授業の内容、先輩たちの様子、学校施設設備など様々な視点からの見学を通して、本校を理解していただくものです。年1回の開催を予定しています。

 

Q:参加対象学年は決まっていますか?

A:オープンスクールについては、どなたでも参加できます。ただし、生徒のみでの参加はできません。必ず保護者、または、担任の先生と一緒に参加してください。

 

Q:桃花台学園を受検するには、必ず参加する必要がありますか?

A:生徒及び保護者の方に、本校について十分に理解していただくための機会ですので、できるだけ参加していただくようにお願いしています。

 

Q:申込方法を教えてください。

A:中学校等の関係機関に申込用紙を配付していますので、担当の先生に希望を伝え、学校ごとに取りまとめて申し込んでいただくことになっています。また、本校ホームページにも掲載しますので、学校関係者以外の方はそちらから用紙をダウンロードしてお使いください。

 

授業体験について

Q:授業体験とは何ですか?

A:本校受検を考えている生徒に、専門教科の授業を実際に体験してもらう機会です。また、保護者の方もお子さんの様子を観察し、進路決定の一助にしていただきます。年1回の開催を予定しています。

 

Q:参加対象学年は決まっていますか?

A:中学3年生のみの対象となります。保護者の方には必ず付き添っていただき、可能であれば中学校等の担任の先生にも参観していただきます。

 

Q:桃花台学園を受検するには、必ず参加する必要がありますか?

A:生徒自身が実際の授業を体験することで本校での学習活動を実感できたり、保護者の方にはお子さんの様子を観察することを通して、進路決定の判断材料に加えていただけたりしますので、できるだけ参加していただくようにお願いしています。なお、都合で参加できなかった場合には、後日計画する個別の授業体験に参加していただくことも可能です。

 

Q:申し込み方法を教えてください。

A:授業体験会に参加するためには、事前に本校の教育相談を受けていただくことが条件になっています。教育相談終了後に申込用紙へ記入していただきます。教育相談につきましては次項をご覧ください。

 

教育相談について

Q:出願する前に必ず桃花台学園の教育相談を受ける必要があるのですか?

A:各年度の「入学者選抜要項」に示されているとおり、期日までに必ず本校の教育相談を受けていただきます。教育相談が未実施の場合、受検資格が得られません。このことは再募集においても同様です。なお、授業体験会への参加にも教育相談が必要になりますので、できるだけ早めに申し込んでいただきたいです。

 

Q:申し込み方法を教えてください。

A:電話により申し込んでください。ご希望の日にちを確認し、期日を調整します。

相談の時間は、①9:00~、②10:30~、③13:30~、④15:00~です。

 

Q:教育相談には、誰が参加するのですか?

A:生徒本人、保護者、可能な限り学級担任の先生にも参加していただきます。

 

Q:教育相談は、受検までに何回受ける必要がありますか?

A:授業体験会への参加に向けて1回、受検に向けて3回、最低でも4回の相談が必要です。進路選択・進路決定に悩んでいるような場合には何回でも相談に応じますので、ご連絡ください。なお、最終の相談までには、本校への自主通学方法の確認を行い、1人で通学できるようにしておいてください。

 

Q:桃花台学園を受検する際に、居住地域の知的障害特別支援学校への相談・見学・体験も必要ですか?

A:必要に応じてということになっています。進路・進学相談を兼ねて、居住地域の知的障害特別支援学校への相談・見学・体験を行っておくことが望ましいと思います。

 

入試について

Q:桃花台学園の入試(期日、内容、合否、他)について教えてください。

A:入試につきましては、11月初旬に実施する「入学者選抜事務説明会」で詳細を説明しますので、そちらにご参加ください。教員のみが参加対象となりますので、生徒、保護者のみなさんは、担任の先生から情報を確認してください。なお、不明な点がありましたら、本校までご相談ください。